アンコールワット観光の移動は現地ツアー参加でぼったくりを回避しよう!

2019年5月2日

カンボジアのシェムリアップにあるアンコールワットは遺跡群のため、エリアに転々と有名な遺跡が点在しています。せっかく世界遺産で有名なアンコールワット観光にいくのなら効率的に、そして安心に観光をしたいですよね。

私たちも実際に行ってみて、シェムリアップでは1日車の貸切チャーターをお願いして本当に正解だった!と思った出来事がありました。

この記事ではシェムリアップのアンコールワット観光では現地ツアーサイトで1日貸切チャーターなどツアーに申し込んだ方が良い理由を紹介します。

ちなみに私は現地ツアー専門サイトのベルトラで、ツアーを予約しました。アンコールワットでの移動に車の貸切チャーターで予約したツアーはこちらです↓

アンコールワット観光では現地ツアー参加をおすすめしたい理由

アンコールワット外観

シェムリアップでアンコールワット遺跡群の観光なら車のチャーターやツアーに参加した方が良いと思った理由は、私たちがアンコールワットにガイドなしで行ったら現地でぼったくりに合ったからです。

実際にアンコールワットの観光では車のチャーターのみの現地ツアーに申し込みましたが、もっというなら遺跡も案内してくれるガイドさんも頼んでおけば良かったと感じました。

ここではシェムリアップの遺跡群観光に車の貸切チャーター、もしくはガイドつきの現地ツアーに参加すべき理由をそれぞれ解説します。

シェムリアップ観光に車の貸切チャーターが必要な理由

アンコールワット遺跡群があるシェムリアップは公共交通手段の整備が進んでおらず、観光客は必然的にトゥクトゥクのドライバーと価格交渉をしながらの移動が必要になります。

もちろん車の貸切チャーターなどなしでの観光も、遺跡の周りでトゥクトゥクの呼び込みがあるので自力でできない訳ではありません。

ただしトゥクトゥクはドライバーとの価格交渉が肝で、日本人は特に金払いが良いのでカモにされやすく「ちょっと高くない?」ということがちょいちょいありました。

プノンペンでは価格交渉が結構面倒で希望価格にはならないし、交渉して相場よりだいぶ高い値段で乗った挙句、「ここではおろせない」的な展開になり別の場所まで乗らされることに…

特に私たちはアジアでのこういった価格交渉に慣れていない上、相場もわからないので結構移動手段を確保するのに手間がかかる上自由に移動できなくてストレスに感じました。

なので現地ドライバーのトゥクトゥクか車しか移動手段のないシェムリアップでは、貸切の車チャーターがとても快適で絶対に利用すべきだな、と思いました。

ちなみにシェムリアップの中心部とホテル間の移動は、無料でホテルが専用トゥクトゥクを出して送迎をしてくれるので中心地のみであれば心配はさほどいらないと思います。

アンコールワットでは現地ガイドの手配がおすすめな理由

欲張って言えばアンコールワット観光ではドライバーだけでなく、現地ガイド付きの1日貸切チャーターをする方がおすすめです。

現地ガイドをつけた場合、ドライバーのみの貸切チャーターより現地ガイド付きは価格が2倍になってしまいますが、価格以上の安心感が得られると思います。

私たちはアンコールワット観光は自分たちのペースで回りたいと思っていたのでドライバーさんだけ手配しましたが、結局ガイドさんも頼めば良かった、と後悔する出来事が、、、

それが現地人の自称ガイドのぼったくり事件です。

結果的に、節約したつもりが遺跡の中で勝手にガイドされ彼の友達の店でお土産を買わされ、高いチップを要求され、、、とガイド付きツアーを頼んだ以上のお金を払うことになりました。

この自称現地ガイドのおかげで普通の観光では体験できないこともできたので良いとするしかないのですが、少しモヤモヤした気持ちになった私たち。

ツアーで節約したつもりが総額は高くなって、気持ちもしょげたし、、、意味ない、、、(*´-`)

カンボジアで感じたことは、日本人に対して「お金を持っている」「金払いが良い」と思われているのかな?ということです。

アンコールワットは観光地ですし、騙してやろうと近寄ってくる現地の人は少ないです。ただし純粋にお金を持っている観光客ならそのくらいのお金を取っても構わないという価値観があることは間違いがなく、それで嫌な思いをすることもあると考えておいた方が良さそうです。

関連

アンコールワットでボラれそうになった話はこちら>>

アンコールワット観光で自称現地ガイドに高額チップを請求された話

アンコールワットの貸切チャーターを利用した感想

ここからは実際に利用した貸切チャーターの現地ツアーについて紹介します。

アンコールワット観光に予約したツアー詳細

私たちは現地ツアー予約サイトの「ベルトラ」を使い、空港から荷物がある状態でのピックアップでしたので5名定員のバンのコースで日本人が運営しているツアーを予約しました。

貸切チャーターは自由に廻りたいルートを決められるので、自分たちで観光場所をコントロールしたい人にはとてもおすすめです。

冷房が効いた車で回れて体力消耗も最小限で済みましたし、観光から帰ってくると水を冷やしてドライバーさんにもらえたのでちょっとの間でもリフレッシュができました。

ドライバーさんも少しの日本語と主に英語でのコミュニケーションでしたが、親切で優しく一生懸命に案内してもらえたのが好感度が高いポイントでした。

アンコールワット/郊外貸切チャーター<専用車のみ or 日本語ガイド付/シェムリアップ発> *車1台あたり料金(最大5名)veltraのアンコールワットツアー詳細

(↑↑↑画像クリックでもツアーサイトのページへ飛べます↑↑↑)

画像引用:VELTRAのカンボジア現地ツアー

こちらのツアーはガイドさんを付ける/付けないも選ぶことができます。

現地ツアーで観光したルート

貸切チャーターではドライバーさんにおすすめを聞きながらルートを決め、8時半の空港ピックアップから18時のホテル送迎までアンコールワット遺跡群のほとんどを回ってもらいました。

アンコールワット階段

シェムリアップは1泊2日の弾丸旅行だった上、シェムリアップの遺跡群は点在しているため車が圧倒的に便利だと感じました。

特に暑い時期は遺跡の中で歩くだけでも疲れるので、遺跡観光→冷房の効いた車で移動でかなり体力消耗も防げたと思います。

観光ルートは?

  1. アンコールワット
  2. タプローム
  3. アンコールトム
  4. キリングフィールド

タプローム

他の外国人観光客もガイドをつけて車で回っていたようなので、1箇所で見かけた人を何度も別の遺跡で見かけたり(笑)

逆を言うとあまりツアーに参加しないイメージの西欧人でさえ、ガイドをつけてアンコールワットの遺跡群を回っていました。このことからも観光客がアンコールワットで安心できる移動手段がさほどない、というのは感じました。

この点からもシェムリアップでの現地ツアーに参加した方が、安心はできるのだなと思います。

アンコールワット観光は貸切チャーターを使うのが安心です

アンコールトム

アンコールワットで遺跡をいくつか回るのであれば、貸切チャーターと日本語ガイドをつけた現地ツアーがとても安心で快適です。

  • 現地でのぼったくりの心配がない
  • トゥクトゥクの価格交渉が必要ない
  • 冷房の効いた車内で体力温存しながら観光できる

もちろんトゥクトゥクを使うのも、アンコールワットの雰囲気を感じられて良いですよね。

ですが面倒な値段交渉や暑い空気の中での移動なら、冷房付きの車で回れた方が体力の消費も少なく観光に集中できておすすめです。


veltraのアンコールワットツアー詳細

(↑↑↑画像クリックでツアーサイトのページへ飛べます↑↑↑)

引用:VELTRAのカンボジア現地ツアー

  • この記事を書いた人

とある日本人ブロガーAki

1年でアジア中心に8ヶ国を旅行したとある日本人女性ブロガーです。普段は会社員をしつつ旅行のことばかりを考えています。アジアのリゾートで紫外線を浴びすぎたので、年齢肌を回復するために美容もいろいろ試し中

-カンボジア

Copyright© TABIYO , 2020 All Rights Reserved.