シンガポールソンファーバクテー

シンガポールで胡椒が効いたソンファーバクテー(松發肉骨茶)食べてきた!

マレー半島にあるシンガポールといえば、ザ多国籍!

中国やマレー、インドなど様々な文化が混ざり合う不思議な街だと思います。

そしてシンガポールの有名なグルメ1つと言えば、中国の文化を取り入れた肉骨茶バクテーです。

この記事では、シンガポールで有名なソンファーバクテー(松發肉骨茶)を紹介したいと思います。

この記事はこんな人におすすめ

  • シンガポール旅行で何を食べようか迷っている
  • シンガポールで肉骨茶のおすすめレストランを知りたい
  • 肉骨茶ってどんな味?

肉骨茶とは?

マレー半島の華僑の中国人の朝食として食堂で骨つき肉の骨をお鍋に入れて、漢方薬のような香辛料をいくつか使って煮込んだ料理です。

現在は朝食でも夜食でも食べる習慣があるようで、街中の肉骨茶のお店も結構遅くまで空いているレストランもありました!

 

ソンファーバクテーは開店前から並ぶ

今回行ったのは行ったのはシティホールというショッピングセンターの中にあるソンファーバクテー(松發肉骨茶)という有名店。

10時半開店で開店15分から10分前ぐらいに覗いたらどっと並び始めていたので、慌てて私たちも並びました(笑)

私たちがお店を出る時は席は満席で、外には結構な行列ができていました。

お客さんの回転は早いようなので、さほど待つことはないと思いますがあまり待ちたくない人、サクッと食べたい人は開店前から並んだ方が早く食べられるかもしれません。

ソンファーバクテー(松發肉骨茶)は路面店でありながら、ショッピングセンターの中からの入り口もあります。

ショッピングセンターの中をふらふらしながら待っていたので、席にはすぐ案内してもらいました。開店前から待っていた甲斐あり。

シンガポールソンファーバクテーは入り口は2つ

ショッピングセンター側の入り口からも入れる。こちらの方が並んでいなかった

並ぶ場所は外とショッピングセンターの中側両方から待つことができます。

2つ入り口があるので混乱するのかなと思いつつ、きちんと店員さんが案内をしているのでさほど混乱している雰囲気はありませんでした。

女子2人でソンファーバクテーで頼んだ肉骨茶

シンガポールソンファーバクテーで頼んだメニュー

今回は女子2人旅で、朝ごはんだったので少し控えめ?に頼みました。

  1. 排骨肉骨茶(ポークリブ)
  2. 肋骨汤 (スペアリブ)
  3. 菜芯菜 (菜の花)
  4. 普洱茶(プーアル茶)
  5. 米飯(ご飯小×2)

これで全部で40シンガポールドル(約3000円)、物価が高いシンガポールでは妥当な値段かなと思います。ポークリブやスペアリブはしっかりお肉感があったので、結構ボリュームはありますし。

シンガポールのソンファーバクテー

シンガポールのソンファーバクテー(多分スペアリブ)

ソンファーバクテーの肉骨茶の味は?

シンガポールのソンファーバクテー

シンガポールのソンファーバクテー(多分ポークリブ)

肉骨茶は漢方などで煮ているので漢方くさいかと思ってましたが想像したほど漢方の香りはなく、味は胡椒がすごく効いていると感じました。

お肉がボリュームがあって、脂もあるはずなので胡椒が強めの方が食べやすいのかもしれないなぁ、と感じました。

香辛料好きとしては好きな味でしたが、辛いのが苦手な人は少量から試してみてください。

肉骨茶のスープは胡椒がきいている以外は、味はさほど強くなく豚の良い出汁が出ているなと言う感じ。

お肉がお皿にある間は、スープは継ぎ足し式。

時々おじさんがポットを持って回ってきてくれます。スープの継ぎ足しがいらない場合は、断ることもできます。

胡椒が効いているのでスープとご飯がとても合うので、無限にお米が食べれるかと思いました(笑)

朝ごはんだからとご飯の小を頼んだのですが、結局お代わりして完食しました!

中国茶も楽しめる

シンガポールソンファーバクテー(中国茶)

中国茶は本格的なセットで飲めるので、お作法を勉強しておくと◯

ソンファーバクテー(松發肉骨茶)では脂を気にしてプーアル茶を頼みましたが、本格的な急須で入れる形式でここも文化を楽しめるポイント。

せっかくだから本格的に入れてみたかったのに、手順が曖昧になってなんとなく勘で入れてみたところ、超濃く出てしまいお湯でたびたび薄めて飲みました。

油がすっきり流されるような感じで、後味はすっきりするので肉骨茶にお茶は必須ですね。

本格的な中国茶の入れ方もさほど難しくないので、ぜひ中国茶を頼む前には入れ方を覚えておくと楽しめると思います。

参考茶壺を使った中国茶の入れ方

中国茶を毎回頼むと迷うのが、一体いつまで飲めるのか…と思うほど無限に出てくるので、どこかで見切りをつけないとお腹がタプタプになりそうです(笑)

ちょっと濃いめのプーアルでしたが、胡椒が効いたソンファーバクテーの肉骨茶との相性はピッタリでした。

ソンファーバクテーの注文方法や雰囲気は?

お店の人はとても親切でメニューも写真入りなので、指差しで注文できるほか、中国語や英語でも対応してもらえます

シンガポールソンファーバクテーメニュー

どれも美味しそうな上、8〜12シンガポールドルとお手頃

肉骨茶(バクテー)以外にも豚バラの煮込み、豚足の煮込みや鳥の爪の煮込みも食べられます。苦手でない人は挑戦してみても面白いかもしれません。

シンガポールソンファーバクテーメニュー

シンガポールソンファーバクテー

お店はショッピングセンターの中にあるだけにかなり広く、机などもとても綺麗。

サービスもとても良いので並んでも食べる価値はあるな、と思いました。

シンガポール内にたくさんの店舗があるチェーン店なので、観光の予定に合わせて場所を選べるのも良いと思います!

お店情報

松發肉骨茶 SONG FA bak kut teh

ソンファ バクテー

>>公式ホームページ

17 New Bridge Rd, シンガポール 059386

>>ソンファーバクテーの地図

+65 6438 2858

シンガポールのソンファーバクテーはご飯に合う味がおすすめ

シンガポールソンファーバクテーの店内

シンガポールのソンファーバクテー(松發肉骨茶)は、胡椒がアクセントのぴりりと効いたあっさり目のスープやジューシーなお肉がおすすめのお店です。

肉骨茶は中国文化がベースですが、中国本土にはない優しい味が楽しめます。

脂っこさは感じませんが、お肉やスープには豚肉の脂が含まれているので、中国茶と一緒に頼めばすっきりと食べられます。

シンガポールグルメの1つ、肉骨茶でレストランに迷ったらソンファーバクテー(松發肉骨茶)を試してみてください。

Aki

好奇心旺盛で思い立ったら何でも初めてしまう30代です。このブログはそんな私の旅行・美容・映画・ボトルアクアリウムなど趣味のことを記録しています。

-シンガポール, 海外旅行(アジア)

© 2020 TABIYO